CalendArchive

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に時間が過ぎるのは早いですね。

もう、今年は残り正味二日。いつもながら、今年1年は何をしたのだろうと考えさせられます。
 
 3月『虚構金融』(文春文庫)
 5月『ファイアーフライ』(文藝春秋)
 7月『ジェミニの方舟』(集英社)
 11月『TSUNAMI』(集英社文庫)
 12月『メルトダウン』(講談社文庫)

を出すことが出来ました。
僕としては頑張った方ですが……。

講演もけっこうあり、バタバタ全国を走り回っていました。
来年は時代小説をはじめとして、大きな企画がいくつかあります。
これらは数年前からずっと暖めてきたもので、何とか実現させたいです。
いや、実現させます。
さらに映画化やテレビ化が進んでいるものもあり、現実になるとすばらしいです。

残念なことは、大いに期待していた『メルトダウン』のアメリカ版、『FALLOUT』の出版が延びたことです。でも来年はぜひ、何とかしたいと思っています。
この本の「ハリウッド映画化」は僕の夢です。

さて、僕は数時間後には実家の岡山に出発します。
お正月は、ノンビリすごすつもりです。
と言いたいのですが、お正月明けの締め切りの連載とエッセイなどがいくつかあるので、パソコンは離せません。

3月出版のさわやか系、『風をつかまえて』のゲラが土曜日に届きました。
これもチェックしなければなりません。
大きな企画の「粗筋」も、きっちりしたものをつくらなければならないし。
では、来年もよろしくお願いします。

2009年が、皆さんにとって大いなる飛躍の年になりますように。
スポンサーサイト

近況報告

 やっと、冬らしくなったかと思うと、昨日、今日はまた暖かくなりました。
 昨夜、東京から帰ってきました。
 東京に行く前日、来年三月刊の『風をつかまえて』の最終原稿を出版社に送りました。
 これは、ミステリーではなく、「さわやか系」です。僕も、こういうのが書けるのですよ。
 年内に、もう一作を仕上げ、次を用意して、お正月に書こうと思っていますが、気ばかりが焦って、なかなか進まないというのが現実です。
 日曜日は岡山。来週の半分は東京。
 困ったなあ。まさに、猫の手も借りたい師走です。

 明日12月12日(金)、『メルトダウン』(講談社文庫)が発売になります。これは「小説現代」で推理新人賞をいただいたものに、加筆修正をしたものです。僕にとっては、すごく思い出深いものです。

 アメリカにいたときに、実際に起こった事件をモデルにしています。もう20年以上前の話なんですが、古くなるどころか、ますます現実味を帯びてきているのが怖い。
 技術ばかりが先走って、人間なんてちっとも進歩していないですね。

 本来ならばすでに「英語版」が出ているものなのですが、諸般の理由により遅れています。英語版が出れば、すぐにハリウッドと信じていたのですが……。世の中、色々と難しいですね。
 でもハリウッドにコネのある方はぜひ、ご協力ください。


『メルトダウン』
老いて死期の迫った核物理学者から、カリフォルニアの地方紙副編集長ケン宛てに1通の手紙が届いた。描かれた美しい幾何学模様は新型核爆弾の図面だった。一方、次年度の防衛予算でもめているワシントンで、大統領補佐官が謎の死をとげた。2つの事件が結びつく時、大いなる陰謀がおぞましい姿を現し始めた。

メルトダウン (講談社文庫 (た110-1))

* 出版社: 講談社 (2008/12/12)
* ISBN-10: 4062762250
* ISBN-13: 978-4062762250
* 発売日: 2008/12/12

講談社より『メルトダウン』文庫版発売

12月12日、講談社文庫より『メルトダウン』が発売されます。

081204_meltdown_bunko.jpg

よろしくお願いします。

" 大統領補佐官の暗殺と、そこから噴き出すセックス・スキャンダル。
国家の裏面で黙々と研究に奉仕してきた老科学者が、自らの生命をかけて暴露する「地獄の兵器」の存在。
それらに翻弄される二人のジャーリスト。
物語はアメリカ東西の両海岸で同時に進行し、やがてひとつの大きな闇の存在があらわになってゆく。 "

内容紹介

英語版『ミッドナイトイーグル』DVD発売されてました

11月23日に、アメリカの方で『ミッドナイトイーグル』のDVD(英語字幕版)が出ていたようです。

081202_me_e.jpg

Editorial Reviews
Product Description
Based on the riveting novel by acclaimed writer Tetsuo Takashima (Intruder), Midnight Eagle chronicles a heart-pounding race to save a nation from annihilation. When a gifted photographer (Takao Osawa) witnesses the crash of a U.S. bomber in Japan’s snowy Northern Alps, he becomes a reluctant hero who must defy the odds to protect the plane’s lethal contents from getting into the wrong hands. Directed by Izuru Narushima (Fly, Daddy Fly), Midnight Eagle is the action-packed adventure that critics are calling “a gripping and poignant thriller” (David Wiegand, San Francisco Chronicle).

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。