CalendArchive

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新刊「風をつかまえて」の表紙は?

今日、『風をつかまえて』(NHK出版)が発売になりました。
表紙は、このようになりました。
http://homepage3.nifty.com/Takashima-Tetsuo/index.html

僕は素敵だと思いますが、いかがですか。
内容も表紙に負けず面白いですよ。

実は、こういうものも書くのです。大好きなのです。何より、読みやすいと思います。
今までのものも、けっこう読みやすいと思っていたんですがね。
僕は難しいものは書けません。
よろしくお願いします。

次作も意外なものです。順調に行けば、5月刊です。死に物狂いで頑張っています。
そして、いよいよ「時代物」です。
これを早く書きたくて、うずうずしています。そして、次も……。

神戸では、春の嵐が荒れ狂っています。でもないか。
でも、雨がぱらついたり晴れたり。
体調管理には気をつけましょう。
スポンサーサイト

NHK出版より新刊「風をつかまえて」

3月25日(水)『風をつかまえて』(NHK出版)が発売になります。

表紙はどれが採用されたでしょうか。さあ、本屋さんに行って見て下さい。
皆さんの予想は、当たりましたか。素敵ですよ。

(早いところではすでに店頭に並んでいるそうです)

『ダーティー・ユー』に続く青春小説だと思っていますが、ミステリーに分類されているところもあるようです。

風車は単に、「風エネルギーで羽根を回して電気エネルギーに換える装置」という以上に、堂々とそびえ立つ姿にはロマンがあります。
大型風車は100メートル前後。世界最大の風車は、183メートルでドイツにあります。
でも、すぐにこの記録は破られるでしょう。

〈北海道の破綻寸前の小さな町。起死回生の町おこしとして、町の小さな鉄工所が「風車」を造ることになった〉
〈地域と家族の再生をかけた父と子の姿を描く、感動の書き下ろし青春小説〉

ぜひ、お読みください。

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。