CalendArchive

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況・お知らせ(5月30日)

5月も、いよいよ最後となりました。
あっという間に、終わってしまいました。

連休の後、パリに行って、岡山に行って、東京、香港に行ってきました。
その間、神戸では「新型インフルエンザ」一色でした。
『パンデミック』
もう何年も前から、書く準備はしていたのですが。早く書かなければ。
さて、6月の予定をお知らせします。

◎岡山玉野市で僕の個人展を開いてくれています。

◎「第2回神戸エルマール文芸講演会」があります。

◎6月26日、『鉄道警察隊』(仮)が刊行になります。現在、必死でゲラを直しています。

◎ひょっとして、もう一つ楽しいお報せができるかもしれません。

パリとホンコンについては、また詳しく書きます。
と言いつつ、いつも時間がたってしまうのですが。

高嶋哲夫

------------------------------------------------

■第2回神戸エルマール文芸講演会 ご案内

さわやかな新緑の季節となりました。
はや一年がめぐり、第2回神戸エルマール文芸講演会を開催いたします。
講師は、高嶋哲夫さん。サントリーミステリー大賞受賞。最近では『ミッドナイトイーグル』が映画化されるなど、地元神戸で活躍する作家。現代を先駆ける科学状況をベースとした問題作を次々生みだしています。
高嶋さんは、同人誌「鬼子」から出発。
身近な作家がどのような文学の方向と方法で、今日の作品世界を拓いたか、大変興味のあるお話しをうかがえるものと思います。ふるってご参加くださいますよう、合わせてご案内申し上げます。

2009年5月吉日

日時:2009年6月6日(土)午後2時より3時半
講師:高嶋哲夫氏
演題:作家というお仕事
会費:無料
会場:神戸市教育会館(ラッセホール東隣)404号室
神戸市中央区中山手通4-10-5 tel.078-222-4111
(JR・阪神元町駅東口より北へ徒歩10分 市営地下鉄県庁前駅1番出口より徒歩5分)

懇親会:3時45分より ラッセホール1Fレストラン
会 費:3000円
●同人誌交換会を会場で行います。所属誌をお持ちください。

<事務局・三田地智 tel.078-882-1638 fax.078-882-1630>
スポンサーサイト

文庫版『フレンズ』紀伊國屋にて

紀伊國屋新宿南店


写真は、紀伊國屋の新宿南店です。
いつも、有り難うございます。

『フレンズ -シックスティーン-』。
青春小説といえるのでしょうか。
10年ほど前、執筆中は過激すぎると思っていたのですが、今の世の中は、もっと過激なのかな。
暴力ということについて、若い人たちが考えて下さると幸いです。
『風をつかまえて』とは、対極のものです。
でも、「人の再生」という意味では、通じるものがあるかもしれません。
新型インフルエンザが、猛威をふるい始めています。
神戸はけっこう大変ですよ。僕の住んでいるところでは、道行く人が極端に減っています。

お知らせ(5月14日)

お久しぶりです。
5月に入り、新型インフルエンザ一色の日々でしたね。
実は6、7年前から、鳥インフルエンザに関する『パンデミック』を小説に書こうと、ずっと資料を集めていました。
事実のほうが、小説を追い抜いてしまったという感じです。

でも、あまりひどいことにならなくて幸いでした。
まだ予断は許されませんが。

◎明日15日、『フレンズ シックスティーン』(角川春樹事務所・ハルキ文庫)が発売になります。

Amazonでの紹介ページ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4758434115/takashimatets-22/ref=nosim

私は決して忘れない。この瞬間を、この復讐を。
まだ雪が残る神戸・ポートアイランドで銃声と悲鳴が響いた。その瞬間、十五歳の私の眼の前で、親友のユキは、すべてを失くしてしまった。母親を銃で撃たれ、父親と妹を轢き殺されたのだ。そしてユキは心を閉ざした。誰もが暴力団の抗争に巻き込まれた不幸な家族と憐れんだ。でも、私は、そして四人の仲間は、ユキから言葉と心を奪ったヤツを許せなかった…。十六歳を迎える高校生が復讐を遂げようとしたものは、大人たちが避けつづけた闇なのか!?

◎新作『真紅の闇 -鉄道警察隊-』(角川春樹事務所)は6月発売予定。

現在、(あっ、と驚く)時代ものを書いています。
体力をつけて、この厳しい事態を生き抜きましょう。

高嶋哲夫

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。