CalendArchive

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お報せと全く個人的なお願い(10月26日)

◎「歴史小説」のゲラ原稿を出版社に返しました。タイトルは『○○』漢字二文字です。次のメールでお知らせできると思います。
刊行は12月12日と聞いています。あと一度の校正がありますが、ご期待ください。

◎『パンデミック』に取り掛かっています。出来る限り早い刊行をと頑張っています。

◎以下のようなメールをいただきました。どうかご協力できます方は、お願いいたします。
ちなみに、アンケート発信者は、娘です。


「家族についてのオンラインアンケート、参加者募集中!」

このオンラインアンケートは、アメリカのカリフォルニア州立大学フラトン校心理学部、ジャック・マーンズ教授のもと、高嶋 絵真嘉が実施しているものです。
育った家庭環境が、現在のわたしたちにどのような影響を与えているかを調査することを目的としています。個人差はありますが、15分程度で出来る簡単なアンケートです。
参加していただけれるならば、下記のリンクまでお願いいたします。

http://www.surveymonkey.com/s.aspx?sm=1hQuP_2f9NoxekfB_2fp1Nr4HA_3d_3d

より多くの方に参加していただきたいので、誠に恐れ入りますが、お知り合いの方にもアンケートをまわして頂ければ幸いです。
どうか、ご協力お願い致します。
ご質問は、高嶋 絵真嘉 emakat@csu.fullerton.edu までお問い合わせください。
お忙しい中、ご参加ありがとうございます。
スポンサーサイト

「熱砂」紀伊國屋新宿南店にて

「熱砂」(紀伊國屋新宿南店)


写真は、紀伊國屋の新宿南店です。
いつも、有り難うございます。

アフガンに命を賭けた男を描く冒険恋愛小説
<かつて報道カメラマンとして鳴らした柴田雄司も今はファッション専門。だが学生時代の恋人と2人の子供を乗せた飛行機がアフガンに不時着し、以前親交を深めたゲリラ部隊に拘束される。彼女の長女が自分の娘だという事実を知った時、柴田は喪われた愛を取り戻すためにアフガン行きを決意した。愛と感動のクライマックス!>

『熱砂』(文春文庫)

10月9日『熱砂』発売

10月9日(金)に、『熱砂』(文春文庫)が発売になります。

これは原題が『アフガンの風』、文庫版が『流砂』でした。
今まで手に入らないというお問い合わせが多数ありましたが、やっと書店で買えます。
よろしくお願いします。

最初、月刊誌に連載していたころは、アフガン情勢とほぼリアルタイムで書いていましたが、今も情勢は余り変わっていないので驚きました。
人間の進歩は遅いのか、それとも進歩なんてしないのか。

夏前から自分でも驚くほど忙しくて、ゆっくり考えることも出来ませんでした。
先日、やっと念願の「歴史小説」を書き上げました。
「あっと、驚く歴史小説」になったと思います。

でも来週ゲラが戻り、校正で必死の日々が続くと思います。
発売は遅れに遅れて、12月初旬になります。
タイトルは編集者の方が考えてくれました。なかなか素敵ですよ。

合い間をぬって、『パンデミック』を書いています。
この言葉も、書こうと思った6~7年前には、「それなに?」と聞かれたものでしたが、今やすっかり定着してしまいました。
皆さんからは「ちょっと遅いんじゃない」と言われますが、そんなことありません。
これも「あっと、驚くインフルエンザ」になっています。
もちろん、「ブタ」ではなく「トリ」です。「弱毒性」ではなく、「強毒性」です。

でも、調べれば調べるほど、日本は、世界は、大変なことになりそうです。
とにかく、早く仕上げなくては。
もう必死で、寝る間も惜しんで書いてるんですがね。

では、まずは『熱砂』をよろしく」。

Amazon.co.jp:『熱砂』(文春文庫)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167773147/takashimatets-22/ref=nosim

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。