CalendArchive

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイキング『乱神』(1)

ある時、何の拍子か、海岸を朝日に背を向けて走る数十騎の騎馬隊の後ろ姿が浮かびました。
陽に輝く甲冑、はためく軍旗(?)。
そしてその騎馬隊は次第に小さくなり、光の中(?)に消えていきます。絵になるなあ。

「よし、歴史小説を書こう」
そう思ったのが、一年以上前の話です。

僕は入試で社会は「地理」を取りました。
「日本史」「世界史」は、ほぼ中学校で止まっています。
というわけで、とんでもないことが書いてあるかも知れません。

その時は、ゴメンナサイ。
歴史を覆そうなどと大それたことを考えているわけではありません。単なる、無知からです。

「彼らは馬車に荷物を積んだ」→「当時は馬車はないみたいですよ」

「彼は風呂に案内された」→「風呂ができたのはもっと後らしいです」

といった具合でした。
さあ、どうなっているか。お楽しみに。
スポンサーサイト

新刊「乱神」の表紙決定

たくさんのメール、有り難うございました。

さあ、装丁は以下のようになりました。ダイナミック、かつどことなく品があり(?)、歴史の深遠さを感じさせるとは思いませんか。本の装丁には、帯がかかるということも前提に考えなければなりません。難しいですね。

乱神表紙


乱神表紙(帯つき)


「歴史小説」(になっているかどうか???)実は、僕に書けるとは思いませんでした。でも、多くの人たちに助けてもらいながら、やっと出来上がりました。しんどかった。

「本」は作家一人の力で出来上がるものではありません。編集者の方がいて、色んな相談をしながら、メゲテいるときは励まされ、またお尻を叩かれながら原稿を書き上げます。次に、校正の方が僕の間違いだらけの原稿を、おそらく、こんなことも知らないのかと思いつつ間違いを訂正してくれます。同時に、装丁家の方が「本の顔」を作り、やっと「本」の形が出来上がります。

さらに、それが読者の方の目に触れるまでには、出版社の営業の方、実際に販売してくださる書店の方の手を経なければなりません。そのほかに、当然、印刷所、中継ぎ店の方のお世話になります。こうして多くの人の力で出来上がった本、一人でも多くの人が手に取ってくれるとすごく有り難いわけです。

しかし、今回はさらに、多くの方たちに資料を調べてもらったり、武士の言葉を教えてもらったり、直してもらったり、本当に色々とお世話になりました。有り難うございました。

さて、今後は、発売まで、「メイキング『乱神』」をお届けしたいと思います。

幻冬舎より新作『乱神』まもなく発売

お久しぶりです。
『乱神』は、11月半ばについに完全に僕の手を離れました。
現在、編集者さんが、メチャクチャ、頑張ってくれています。
装丁もすでに出来上がっています。とても、とても素敵です。

さあ、下の4つのうち、どれに決定したでしょう。
よーく、みてください。どれもすごくダイナミックで、素敵でしょう。
正解は……。
金曜日の朝、お知らせします。お楽しみに。

発売は、12月11日です。
早目に書店さんに予約してください。お願いしまーす。

乱神装丁4 乱神装丁3 乱神装丁2 乱神装丁1




お礼とお報せ

「子、 怪力乱神を語らず」

孔子、論語の言葉だそうです。
「怪」尋常でないこと、「力」力の強いこと、「乱」道理に背いて社会を乱すこと、「神」神妙不可思議なこと。
人知では推しはかれず、理性では説明できないこと。

僕はもちろん知りませんでした。

大阪の喫茶店で編集者の方がおもむろに取り出した紙には、『乱神』とありました。
十二月に幻冬舎から出る新刊です。
なんとなくステキですね。タイトルばかりでなく、中身もステキです。

「あっ、と驚く歴史小説」「目からウロコの歴史小説」
大いに、楽しみにしていてください。
はやく、装丁を紹介したいですね。

『乱神』は、あと一回ゲラをチェックすれば完成です。
現在は、『パンデミック』に必死です。

急に寒くなりました。
新型インフルエンザも流行っています。
元気に冬を乗り切りましょう。

以下、娘からお礼が届いています。有り難うございました。
僕からもお礼を申し上げます。

――――――――――――――――
「アンケートのお礼」

アメリカのカリフォルニア州立大学フラトン校心理学部、ジャック・マーンズ教授のもと、高嶋絵真嘉が実施していた、家族についてのオンラインアンケート、参加者募集の結果をご報告いたします。
皆様のご協力のおかげで、100人を超える方々に参加していただくとこができました。

お忙しい中、家族研究のオンラインアンケートに参加して頂き、誠にありがとうございました。
――――――――――――――――

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。