CalendArchive

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告

6月もとうとう終わりの週。ついに来たかって感じ。
急に暑くなった。夏に近づいたのだから仕方がないか。
夏は暑く、冬は寒い。梅雨には雨。これ自然の摂理。

ことのほか自然の脅威を強く感じるこの頃だけど、負けるもんか。
と言いたいけれど、ゴメンナサイ。僕は暑さにも、寒さにも弱い。
要するに、根性ナシ。日本男児のハジ。エアコン、扇風機だよりの毎日です。

6月に仕上げるはずだった書き下ろしを7月中には仕上げて、同時に新書を一冊。
8月には9月から始まる連載の準備。これはまだタイトルだけ。
もう一つ連載が始まるけど、いつからにしよう。これは出来る限り早く書きたい。

さあ、ヤルゾ、死ぬほどがんばるぞ。根性で。日本男児だもん。
無理な時には、清く、ゴメンナサイ。


さて、「自然エネルギーの買い取り」について。

ソーラー、風力などで作った自然エネルギーを電力会社が買い取るって話。
ヨーロッパ、特にドイツなどで進んでいるけど、買い取り電力に対して払う金額は電力料金に上乗せされている。
つまり、国民が支払ってる。
国民のコンセンサスが得られて、ヨーロッパじゃ成り立ってる。だから、電気料金は必ず上がる。

個人は納得しても、海外との競争原理にさらされてる企業にまで強いるのはしんどいだろうな。
ただでさえ高い電力。企業の海外移転は絶対に進む。
さらに、かなり色んな問題も出てくる。安定供給、質の良い電力供給は可能か、送電は容易か。
けっこう難しい。特に送電はどうするんだろ。
こういったこと、菅さんも孫さんも理解してるのだろうか。
ただ、屋根にソーラーパネルくっつければいいって問題じゃないと思うけど。
自然エネルギーの普及は大賛成なんだけどね。

ソーラーパネル、風車、地熱、潮力、そして核融合……研究開発には心が躍る。
ワクワク、ドキドキ。

自然エネルギーの話も早いところ新書で書きたい。

7月10日に、『風をつかまえて』(文春文庫)が出ます。風車の話。
これを読めば自然エネルギー……いや、風車については分かりますよ。たぶん。
スポンサーサイト

近況報告

6月1日
さあ、今日から6月。本当に光陰矢のごとし。ミサイルのごとし。

この2ヶ月半くらいは、あまりはっきりした記憶がありません。なんだかバタバタしているうちに時間だけがすぎていった。
たくさんのエッセイや記事を書いて、テレビやラジオに出て、講演もして、恥をかいて、悲しい思いもして、知識のなさを嘆き、反省もして、クソっと反発もして、多くの企画が変更になった。けっこう疲れた。
多くの方々に不義理や失礼なことをしてしまいました。手紙やメールの返事も満足に返していません。頂きもののお礼も。本当に、本当に、本当にゴメンナサイ。
早く日常に戻りたいというのが本音。でも、そろそろ戻ります。

今月中に、被災地でトランペットを吹く話を書き上げなきゃならない。でも、あまり進んでない。
「地震と津波」は後は復旧、復興あるのみ。
でも、政府の無能ぶりと、政治家の迷走というかドタバタを見ていると被災者は気の毒の一語。
個人的にはすごく有能な人もいるのに。知ってる方も多いのでこれはフォロー。
訳のわからない復興委員会なんかを作るより、青写真は地元の事情をもっともよく知ってる地元の人たちに任せて、政府はそれを実行に移せる「特例法」と「財源」作りに奔走すればいいだけなのに。
この辺り、『タナボタ2』で書きたいんだけど、売れてないからなあ。あーあ。日本人はユーモアを解さない。

「原発」については、長引くだろうな。
そして、1年以内に日本中の原発は止まる。今後、日本に原発が造られることはない。
原発は13カ月ごとに定期点検に入り、3ヶ月間の点検後、政府がOKを出せば再稼働を始める。でも慣例上、地域の了解が必要。
これは今後、難しい。ということは、今後、定期点検で止まった原発が動くことは難しいだろう。
浜岡原発は止めるべきじゃなかったと思う。
新しい原発だし、福島第一の問題はカバーしている。防潮堤の高さなんてイタチゴッコ。想定外が来たら終わり。
こういうこと書くと切りがないのでやめます。専門家でもないし。あ―シンド。

でも、先日の台風の雨で東北の放射性物質はかなり減っていると僕は思う。雨で地面に定着されてレベルは高くなると言ってる専門家もいたけど。
早急に調べて、世界に公表すべし。雨量、地形など詳細なデータを取ればすごく有益なものになる。

でも、新エネルギーの開発はすごく楽しみ。風力、太陽光、潮力、地熱、日本は資源に恵まれている。
『ペトロバグ』(文春文庫)はバイオによる石油生成の話です。

7月には『風をつかまえて』(文春文庫)が出ます。風車の話です。
そうそう、新型原子炉もぜひやってほしい。「トリウム溶融塩炉」など。日本がすごいのを開発して、世界に売り込む。もちろん、核融合も。

雨が降り出した。お風呂に行けるかなあ。

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。