CalendArchive

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告

高嶋です。
暑いなあ。夏だもの。でも、暑いなあ。
あっという間に、もうすぐ8月の真ん中近く。
前回書いたのは7月17日だからひと月近くたちました。
正確には23日。光陰光のごとし。ピュー。

このひと月は連載に追われて、ドタバタ、ドタバタでした。
まさに、自転車操業、タケノコ生活、その日暮らしでした。
そして、その生活はまだ当分続きそう。迷惑をかけてる編集者さん、ゴメンナサイね。
「もっと計画的に」テレビでよく聞く言葉だけど、100回繰り返そう。

でも、結構真面目に仕事してました。午前中、仕事。
昼からおフロ。自転車でピューっ。ひとっプロ浴びて、さっぱりして、スーパーでお買い物。
そして、20分ほどかけて坂道をエッチラ、オッチラ。
汗だくになってわが家に。そして、シャワーです。ハアーッ。

さて、前回は、大切なことを忘れてました。
今日、見本を受け取りました。なかなかステキ。
8月15日に『追跡 鉄道警察隊』(ハルキ文庫)が出ます。700円です。
一食抜けば買えます。二食で二冊。三食で……。軽いし、字もいっぱい詰まってる。一日、退屈しないし。タブン。アマゾンにはもう出てるとか。
ぜひ、買ってください。そして、時間があれば読んでください。
小さいと見られがちな犯罪の中にも、非常に重いものが含まれている。
人は皆、心の闇を持っている。ということを書いてるんですが……。分かって、いただけるかどうか。

『鉄道警察隊、通称鉄警隊は、かつて鉄道公安官と呼ばれた組織を改編したもので、一九八七年、国鉄の民営化にともない創設された鉄道専門の公安組織である。……その任務は鉄道施設における、個人の生命、身体、および財産の保護、犯罪の予防と検挙、事故防止など、鉄道にかかわる公共の安全と秩序の維持に当たることだ。』
『「特に公共交通機関である電車と駅の安全は、おまえが思っている以上に重要なんだ。国家の機動部の中枢を守っていると言っていい。まあ、これは言いすぎたか」
 頭では分かっていても、やはり割り切れない気持ちのほうが強い。自分は刑事にあこがれて警察官になった。殺人や強盗の捜査がしたかったんだ。酔っ払いの世話をしたり、痴漢や置き引きをつかまえるためじゃない。』
『「すべての人間がどこかしら病んでいるんだろうな」
 岩佐がコーヒーカップをテーブルに置いた。
 小松原は岩佐の言葉を噛み締めた。たしかに人は心の奥に心の闇を持っている。大久保の闇は深紅の闇、血色の闇だったのだ。』(『追跡』、ハルキ文庫)

そして、いまだに世の中で騒がれてるのが「いじめ」。
大津の事件を引き金にして、出るわ出るわ。学校、教育委員会、いじめる生徒。
国と東電みたい。と言うと叱られるか。
隠ぺい、保身、身勝手な解釈。やっぱり似てる。あーあ。

『だけど、彼らはいじめてはいないって言ってるんでしょう。こういうのはすごく難しいの。前に話したように、いじめには単に直接の暴力だけではないこともあるの。言葉による暴力。無視することも、すごく相手を傷つけることになるの。そのために自殺した人も多いのよ』(『ダーティー・ユー』)

よーし、今回はもう一つ。
政治がドタバタ。本当に何してるんだか。

『政治家というより、政治好きの政治マニアが集まって政争を楽しんでる。ゲームと一緒だよ。体験型の超リアルゲームで面白いことは面白い。でもこれじゃ、国民がたまらない。こういうことが続く限り、日本の未来は見えない。民主主義をうたいながら、衆参両院のほんの一握りの押しの強い政治屋たちの思い付きで政治は動いている。残りの大部分はただの数だ。ただの数が政治ゲーム好きの一握りの政治屋の言いなりで何の意思もなく大多数に組み込まれているんだ。』
『「衆議院議員は現在の半分以下の、二百人。参議院は定数五十人。参議院議員は政党への所属を認めない。この規模なら全議員の顔が多少は見える。議員の責任が明確になる。そうなれば議員もいい加減なことはできんだろう。国民も今より正しい判断が出来る。党も数ばかりを気にせず、質で候補者を立てることが出来る。』(『タナボタ』、幻冬舎)

さあ、暑さに負けず、本を買おう。じゃなくて、読もう。
今回は暑いので宣伝に重点を置きました。ゴメンナサイね。あー疲れた。
スポンサーサイト

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。