CalendArchive

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ出演

今年は「国民読書年」だそうだそうです。ご存知でしたか。
実は、僕も知りませんでした。

先日、東京で「新ニッポン探検隊」という番組の収録をしてきました。
早見優さんと藤井アナウンサーが色んなところを尋ねる番組です。

東京の飛鳥山公園にある旧渋沢邸「渋沢資料館・青淵文庫」で、「国民読書年」にちなんでお二人と読書について話しました。
渋沢栄一は幕末・明治の大蔵官僚、大実業家で、多くの企業を設立し、日本資本主義の父と呼ばれている人です。
渋沢さんは七、八歳のころから『論語』を読んでいたそうです。僕のそのころは……。

番組の中で、「心に残る一冊」というのがあり、僕は『キュリー夫人伝』を上げました。
大学時代に呼んで、よし僕もやってやろうと思った本です。
もちろん『乱神』(幻冬舎)の話もしています。
タイトルともなった「怪力乱神」は『論語』の中の言葉です。

お二人も、ちゃんと読んでいてくれましたよ。感想は、番組を見てのお楽しみ。
ちなみに早見さんの「心に残る一冊」は、『坊ちゃん』。まず英語、そして日本語で読んだそうです。
藤井さんは、『伊豆の踊り子』。僕も幸いにして二冊とも読んでいました。

早見さんと『乱神』の映画化の話で盛り上がりました。
エドワードはトムクルーズで、春野はもちろん早見優。いかがでしょうか。英語も出来るし。
早見優さん、素敵な人でしたよ。



「新ニッポン探検隊!」毎週日曜6:30~6:45
2010年2月7日放送「国民読書年 心に残るこの一冊」
最近、読書離れが進んできていると言われています。そこで今回は、新刊本「乱神」の著者、高嶋哲夫さんをゲストにお招きし、読書の楽しさをお伺いします。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お世話になっております

昨日でしたか!見逃してしまいました。
リンクありがとうございます。
『乱神』、読ませていただきます。
たくさん読んで国民読書年に
ふさわしい年にしたいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://takashimatetsuo.blog115.fc2.com/tb.php/147-c8efa048

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。