CalendArchive

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告(3/19)

『原発クライシス』(集英社文庫)

好評のメールをいただいてホッとしています。
10年以上前に書いたものですが、全然古くはないそうです。むしろ、非常に現代的だとか。
有り難うございます。

でも、出たのは今日。本当に読んだのかなという疑問が大。
買ってくださるだけでありがたいです。
僕の科学や原子力に対する想いがナマで出ているので、少々恥ずかしい思いもします。

今年中には、原発の「新書」を出したいと思っています。
これは、原子力に関わっている現役の方との共著になると思います。
きっと、今までにない新しい「原子力本」となると思います。

先日話しました「誇らしくて、楽しい話」は、問い合わせが殺到しました。
メディアの方が多かった。勘違いさせて、ゴメンナサイ。
でも今年は頑張ります。

担当の編集者の方から電話があり、解禁です。ゴメンナサイ。じらしてしまって。
『風をつかまえて』を覚えていらっしゃいますか。
去年、NHK出版から出したものです。
これが毎日新聞社の全国読書感想文コンクール高校生の部、課題図書に決まりました。

「北海道の破綻寸前の小さな町の町おこし」と、これまた「倒産寸前の町工場の再生」と「離散家族の再生」のお話です。
今までの僕の作風からは、がらりと変わったものですが、なかなかいいお話ですよ。

やはり、NHK出版から出した『ダーティーユー』(今は光文社文庫)に通じるものかな。
どちらも小、中、高校生に是非、読んでもらいたいものです。
そして、どちらも映画化が進んでいます。うまくいけばいいんですが。

確かに出版後、友人の先生や、中小企業に働いていた方から、勇気づけられたとお手紙をいただきました。
高校生が読んでくれて、感想文を書いてくれると思うと、少々恥ずかしくて楽しみでもあります。
これって、十分「誇らしい」ですよね。

大人の方が読んでも、十分楽しめますので、是非読んでください。
さあ、『パンデミック』を頑張って、週末から連休は、私用で実家の岡山です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://takashimatetsuo.blog115.fc2.com/tb.php/151-11df54b5

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。