CalendArchive

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文庫版『命の遺伝子』発売

『個性的で魅力的な人物たちが繰り広げる物語展開は息もつかせず、
ハリウッドの映画の原作になったとしてもおかしくない第一級のサスペンスとなっている』

『命の遺伝子』(徳間書店)文庫版の見本が届きました。
上は、茂木健一郎さんが書いてくださった「解説」の中の言葉です。

単行本は 2002 年発売。
僕はこの『命の遺伝子』は、アメリカ出版とハリウッド映画の原作を強く意識して書きました。
本当は日本人を入れたくなかったのですが、編集者の意向で「日系人」という形で入れました。
いまとなっては、それも良かったのかなと思っています。

舞台は、ドイツ、アマゾン、アメリカ、バチカン。
世界をまたにかけた話ではありますが、日本は出てきません。
この本には、すごく気に入ってくれた方がいて、それこそ「ハリウッド映画」実現のために努力してくれています。
そして、何とか一歩を踏み出せそうな気配もしなくもありません。一進一退ではありますが。

また、『ダ・ヴィンチ・コード』より、面白いと言って下さる方もいました。
お世辞かな??? でもないような……。

現在、頑張って英語版も作っています。サマリー、シナリオはすでに出来ています。
発売は3月ですが、「アマゾン」では、すでに予約が始まっています。
ぜひお読みになって、感想をお聞かせください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://takashimatetsuo.blog115.fc2.com/tb.php/17-0ae5317d

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。