CalendArchive

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大地震について(6)

福島第一原発の現場に関しては、全国の皆さんが応援しています。
また、以下のような、メールもありました。
(現場の正しい判断に邪魔にならないことを願いますが)

「東京から福島第一原子力発電所の状況を固唾を飲んで見守っております。浅知恵ですが、交流電源になりうる、超大型のVLCC船やLPG船等を福島沖に付けて、海上送電線を敷設して、原子力発電所に交流電源を供給し、原子炉非常冷却装置を駆動できないものでしょうか。」

ちなみに、以前書いた、大容量泡放水砲とは、以下のようなものです。
石油コンビナート等災害防止法改正により特定事業所自衛防災組織に石油タンクの全面火災に備えるため、大容量泡放水砲システム(放射量5万リットル/分から 8万リットル/分)が全国12の地区への配備が義務付けられました。(平成20年11月末までに配備)テイセンは大容量泡放水砲システムすべての資機材の準備を終了し、今年8月から納入を開始します。ポンプ・泡薬剤・大ロ径ホース・ホース金具は日本消防検定協会の検定に合格済みです。ポンプは全国の特定事業所の取水状況にオールマイティーに対応するため、取水能力の高い水中ポンプ方式 。
http://www.nikki-net.co.jp/product/ramfes-c.html




阪神大震災で被災し、旅行業界に在籍しているものです。
本当に何かできないのか、国の対応も含めいらいら感ばかりが募る毎日です。

現在、現地ライフラインの修復に時間がかかり、被災者が凍える寒さの中苦労している姿を見るにつけ、何とか国が支援して、全国の空いているホテル、旅館にしばらくの間移動させてあげることが必要と思います。
物資の供給が目詰まりを起こしている現状、現地に物資を送るのではなく、被災者を安全な場所に移動する逆転の発想・処置がどうしても必要となります。
今の時代にこの状況を放置し、被災地で今後死者が増えることを見過ごすことはあまりに残酷で、許せることではありません。

全国で空室のある旅館・ホテルは山ほどあります。
一泊5,000円ほどで30万人を収容しても一日たかだか15億、10日間ほどでも150億もあれば皆が助かり、経済も活性化します。
この点、旅行業が果たせる役割は大きいと思います。
業界全体の力になればもっと費用も抑えることができるはずです。
また、その間に、現地のインフラを整備することに自衛隊等も専念できるはず。

この点どうしても、業界のみならず、国、自治体の決断が必要です。
賛同する人がいれば大きな力になると思うのですが、、、。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://takashimatetsuo.blog115.fc2.com/tb.php/218-0e3f2214

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。