CalendArchive

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめ問題

すっかり寒くなりました。
東京の友達がひどい風邪をひいて、一週間以上もたつのに喉が痛いとか。
皆さんも、気をつけましょう。
要するに、風邪はウイルスによるものです。

◎外で、風邪のウイルスをもらってこない。
外に出なければいい。家族にも注意を促す。

◎もともと体内に持っている風邪のウイルスを元気にさせない。
十分な睡眠、栄養、休息を取る。素人の風邪予防です。間違ってはいないと思うけど。

◎ うがいと、喉を暖かくする。
これも効きますよ。

世の中、また「いじめ」がはびこり出しました。
いや、もともとあったのだけど、「学校の隠し」と「文科省のいい加減さと無知」のために表面に出なかっただけの話。
さらに悪いのは、「いじめは少なくなっている」などと、逆の結論を出していたことかな。
責任が追及されない、お役所仕事の典型でしょう。

僕も、『ダーティー・ユー』(光文社文庫)という「いじめ」に関する本を書いています。
この本が増刷されることになりました。
「いじめは犯罪だ」と言い切っている本です。
マスコミは、「いじめられる側」だけを取材している。なぜ、「いじめる側」を取り上げないのだろう。
マイクを持って、追い回せば、多少ことの重大さが分かると思うのですが。
人権の問題なのか、そこまで頭が回らないのか。なんだか、いらいらします。

「いま、死んではいけない。ほんの少しだけ、強くなってください」
「これを読んで、ほんの少しだけ強くなってください」
「この本を読んで、『少しだけど強くなった』と言って下さると嬉しいです」

「…& hellip;悔しくて、つらくて、どうにもならなかったんだよ。何をしても殴られる。友達まで裏切らなければならなかった。最後に、行き場がなくなったんだよ。死ぬほかなくなったんだ」(本文より)(282ページ)

新しい、帯を考えています。
『ダーティー・ユー』を読んで、「いじめがどれほど人を傷つけるか」「いじめ=犯罪、なんかに負けない」と思ってくれる人が一人でもいるとありがたいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://takashimatetsuo.blog115.fc2.com/tb.php/70-41c441b9

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。