CalendArchive

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告(2015/5/11)

あっという間の5月。それも半ば近く。年の半分に王手。
4月は色々ありました。
『世界に嗤われる日本の原子力政策』(PHP新書)刊行。
http://www.amazon.co.jp/dp/4569824366

沖縄本島と宮古島行。
そして、旧友と会って、『沖縄の声』に出ました。
https://www.youtube.com/watch?v=Bft9NWF-aZU

そして、『巨大地震の日』(集英社新書)の英訳本、『MEGAQUAKE』(Potomac Books)をもらいました。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00RLOWSGC
ボクの原本より立派です。新書→ハードカバー。
英語出版の2冊目。1冊目は、『メルトダウン』(講談社文庫)の英語版、『FALLOUT』。

あっ、それに国土交通省のホームページに、インタビュー記事が出ています。
お暇な方は。そして、お暇でない方も。どうぞ。
http://www.mlit.go.jp/kokudokeikaku/iten/service/newsletter/i_02_78.html

そして、個人的にも色々と……。

さあ、今日、読んでいただきたいのは、「大坂都構想」について。
大きなチャンスを逃がしそうな気配。下手したら、日本が沈没。
なんで、目先の数字や、損得、人の好き嫌いにこだわるのだろう。大きな未来を見つめなきゃ。
「今までの行きがかりにとらわれてはならない。しがらみを解かない限り、思い切った創造性の発揮など望めない」
これはノーベル物理学賞受賞者、江崎玲於奈さんの言葉。
フランス革命しかり、アメリカ独立戦争しかり……。そして、明治維新しかり。
現在、ボクはバタバタ。で、詳しく書く時間がないので、新聞に載せた(?)エッセイを紹介します。

◎ココロを白紙にして  —大阪都構想—

去年、『首都崩壊』(幻冬舎)を出版した。
出版社の意向でこういうタイトルとなったが、「首都移転」を扱ったものだ。
日本はこの20年間で阪神・淡路大震災、東日本大震災と大きな震災に見舞われた。
しかし東京直下型地震、南海トラフ地震と次なる大きな脅威が控えている。
過去の大震災で日本が何とか復旧、復興と進んで来られたのは司令塔である東京が被害を免れたからだ。しかし、今後予想される2つの大震災では、経済損失が政府試算では最大110兆円、220兆円と膨大で、東京が被災する可能性が高い。その場合、日本はおろか世界が大混乱に陥り、世界恐慌の引き金にもなりかねない。
そのため、首都を他の自然災害の少ない地域に移転するのも一つの方法である、という内容だ。
さらに、「首都移転」と「道州制」はセットで考えるべきだ、とも述べている。
東京一極集中はまぎれもない事実だ。
地方活性化が強調されているが、企業誘致のための税制優遇、補助金、地方移住などいずれも小手先の対処療法の様な気がする。
地方が真に実力を持ち自立するためには、ある程度大きな経済規模が必要となる。
東京都は人口約1340万人、GDP約91兆円。
大阪府は人口約884万人、GDP約36兆円。
ちなみに、日本のGDP総額は約496兆円だ。
やはり、東京の経済規模は特出している。
現在の大都市といえば、東京、名古屋、大阪、福岡などだ。それぞれが核となって特徴のある地域を作り出せれば新しい日本の姿が見えて来る。
アメリカで言えば、ワシントンとニューヨークはそれぞれ政治と経済、文化の中心という住み分けができている。さらに、シカゴやロサンゼルスもある。
まず、すべてのしがらみをなくして、白紙の日本地図を頭に描く。
そして理想の日本の区分け、つまり形を描き入れていく。おそらく今とはまったく違った日本の姿が見えて来るのではないだろうか。
現在の「都道府県」は江戸から明治に変わった150年あまり前の姿を踏襲しているにすぎない。東京—大阪間を何日もかかって行き来していた時代が、新幹線だと2時間30分、飛行機だと1時間余りで行ける時代へと変わった。
交通網は陸、海、空を含めて想像を絶するほど進歩した。
また、インターネットを中心にする通信機器の発達は目を見張るものがある。
日本国内に関わらず地球の裏側ともリアルタイムで話せ、映像を送ることができる。
複数の参加者によるテレビ会議も普通に行なわれている。
科学技術の発達により日本といわず世界はより狭く親密になった。
交通と通信を考えれば、首都が地理的に日本の中央にある必要性も薄れている。
こうした現在の科学技術を前提にして、首都の姿を考えることも重要だ。
「戦後レジームからの脱却」ではなく、「明治レジームからの脱却」が早急だ。
「今までの行きがかりにとらわれてはならない。しがらみを解かない限り、思い切った創造性の発揮など望めない」
これはノーベル物理学賞受賞者、江崎玲於奈さんの言葉。
科学を学び最先端の分野に挑戦するためには必要なことだ。そして、学問、政治、企業、芸術、さらには子育て、あらゆる分野に言えることだ。
「大阪都構想の是非を問う大阪市民対象の住民投票が、5月17日に実施される」
大阪都構想とは、端的に言えば大阪府と大阪市を一つにしようと言うこと。つまり、よりシンプルに。
橋下さんはしゃべりすぎる。
ただ、こう言えばいい。
「皆さん、目を閉じて下さい。心を白紙にして皆さんが理想とする大阪の姿を描いて下さい。そのとき、目先の損得はすべて消してみましょう。細かい数字などどうでもいい。皆
さんが考えるのは、30年後、50年後、ひいては100年後の大阪の理想の姿です。そして日本の姿です。その姿にもっとも近いものを選んで下さい」
そうすればおのずと結論は見えてくる。
「私は大阪に住んでいないので関係ない」と言ってはいけない。大阪の発展は、今後の日本を考える上で非常に重要なことだ。

近況報告(2015/4/13)

私は「常に全体的に物を見なさい」といつも言っています。原子力についても同じ事が言えます。
以前来日した際に、原爆ドームを見ました。広島の原爆資料館に行った事もあります。実際に被爆者の声も聞かせてもらいました。
原子力を兵器として使うことはこれは望ましいことではない。ただし平和目的に使われるのであれば、別の問題だと思います。
もし、原子力発電の代替案があるならばいいでしょう。水力発電所・ダムを作れば自然に対して何らかの破壊、悪影響を及ぼします。
風力エネルギー・太陽エネルギーというのも十分でないかもしれない。
ここで「十分」というのは、日本や、先進国の「十分」ではなくて、発展途上国に対しても「十分」ではなくてはならない。そうでなければ、貧富の差はますます広がってしまう。むしろ私たちはこれから発展していく国々の事を考えて、方策を考えていくべき。
最終的な決断は専門家の方々が全体的に広い角度から、最大限の注意を持って結論を出されるべきだと考えています。
物事を成す時は、99%の安全性を考えて欲しいが、いくら安全性に対して配慮しても、1%の危険は残ります。100%とは言えないと思います。例えば、車を運転していても1%の危険はあるでしょう。美味しい食事をいただいていても、どこかにリスクはあるかも知れません。少なくとも万全を期して、行っていくことが大切だと思います。
例えば、チェルノブイリは古く、十分な注意をしていなかったから事故が起きました。もしかすると福島原発もここまでの津波を予想していなかったので、こういう状況になったのでは。大切なのは安全策を最大限に考えていくこと。
ただ、原子力発電所はもういらないと、皆さんが決めるなら、それはそれでいいと思います。

--------------

「タカシマのバカが勝手なこと言ってる」と思う人、手を上げて。
でもこれ、ボクの言葉じゃありません。
ダライ・ラマ14世さんの原発に対する意見です。
http://blogos.com/article/23890/?p=2

わっ、一緒だ。じゃ、ボクは彼と同じくらいの知性を……。

今週、4月16日『世界に嗤われる日本の原発戦略』(PHP新書)が発売されます。
www.amazon.co.jp/dp/4569824366

これは、2011年3月11日以来、ボクがずっと思っていたことをまとめたものです。
(1)福島第一原子力発電所と、その他の原発を同様に扱うことは間違っています。太平洋岸のその他の原発は地震にあい、津波に襲われたにもかかわらず冷温停止しました。
(2)日本で原発がなくなっても、中国、インドを中心にした新興国では、今後10年で数十基の原発が造られ、さらに計画されています。日本では人口減少が叫ばれていますが世界では増え続けています。
(3)たとえ原発がなくなっても、使用済み核燃料は残ります。現在、世界で進められている、高レベル放射性廃棄物処理の問題は考え方を変えるべきです。「地層最終処分」は非現実的です。
(4)福島第一原子力発電所の廃炉については、もっともっと現実を見据えて対処すべきです。

難しいものではありません。
ボクの「文明論」「科学論」と言うと言いすぎでしょうか。
ゴメン、やはり言いすぎた。
でも、買って下さい。そして暇なときに読んで、議論していただけると幸いです。

近況報告(2015/4/1)

「生きてるの?」と言うメールをもらい始めました。
もちろん。何とか、生きてます。
ボクのモットーは細く長く。
人生、コレから。ソバ派です。ウドンも好きですが。チョット忙しくて。公私共に。

昨日の深夜、いや今日の初めに岡山から神戸に。
で、色んなことに対応し切れていません。
いただいたメールやその他モロモロに、お礼の電話もメールも十分ではありません。
この場を借りて、ゴメンナサイ。

さて3月の中旬、福島第1、第2原発を再訪しました。ほぼ9ヶ月ぶりの福島第1は廃炉作業が進んでいました。
しかし、やはりネックとなるのは汚染水でしょう。
期待されるのはALPS。それと、トリチウムに対する一般の人の理解。
でも、これはかなり難しい。数値より情緒の国だから。

さあ、4月だ。
中旬にスゴイ本を出します。世界を変える本。ボクは本気でそう思ってます。
何年か前とは違います。ひどい目に会った……。分かる人には分かる??? タブン。

『世界に嗤われる日本の原発戦略』(PHP新書)が4月16日に出ます。
わっはっは、ワッハッハ……。
トンデモ本じゃありません。
『僕が原発を捨てきれない理由』がボクの原題だったんだけどね。
『首都移転』→『首都崩壊』と一緒。
ボクは「イエスマン」だから。お上には逆らいません。「ハイ、いいですよ」

でも、内容はスゴイよ。
「誰も書かなかった原発」「目からウロコの原発本」「サルでも納得するスゴイ本」「すべての疑問に答えましょう、原子力」「買って得する原子力」「読まなくても分かる……」
やめとこ。過大広告???
ボクが書くんだから難しくはありません。感情でなく科学で原発を語る。チャンと数字も挙げました。
スーパーコンピューター「京」を駆使して、じゃなくて、スマホの電卓をピッピ、ピッピ。

目次だけなら、叱られないか。
【目 次】
《はじめに》
《第1章》大きな勘違い
《第2章》世界は原発に向かう
《第3章》どうする、核廃棄物
《第4章》福島の未来と三つの提言
《第5章》そして再稼働へ
《おわりに》

さあ、原子力に反対の方も、賛成の方も、どうでもいい方も、しっかり読んで議論して下さい。
ボクは横で聞いてます。

http://www.amazon.co.jp/dp/4569824366

これ、当分、宣伝します。煩わしいけどゴメンナサイ。
ボクは世界の流れを変えたい。右か左か中央か。
ボクはウソは付きません。特に今日は。コリテマス。

近況報告

ご無沙汰しています。
年を追って、日を追って忙しくなります。アタフタ、アタフタ。
首が回らなくなりそう。半分、年のせいだけど。

ここひと月余りは、人質と子供に関してと——。ホント、悲惨な事件が続いている。
人質事件では、動画を最後まで見てしまった。早朝に送られて来たモノ。偶然、起きてて。宗教がらみってことに、大いに疑問と恐怖を感じる。
『乱神』(幻冬舎文庫)を書いたときに2つの神様を調べたけど、十字軍もイスラム勢力も、かなりメチャメチャやってた。ついていけないと思ったもの。
皆さん、神様の名のもとに殺し合いをやってる。それも、特別残酷な方法で。

でも、考えると日本の戦国時代なんてのも同様。
織田さん、豊臣さん、徳川さん、首切ったり火を付けたり、やっぱりメチャメチャだ。
ここ数日、子供をめぐる残虐事件、虐待。最近多すぎる。昔はそんなになかったような気がする。

1、昔からあったけれど、表面に出なかった。
2、現在、親や大人になった人たちに問題がある。
3、社会環境の変化。

どれが正しいのだろう。
ボクは2が有力だと思う。しかし、すべてが影響しているということは、確かなんだろうね。
日本が豊かになりすぎて、余計なこと、つまり妄想を考えることが多くなりすぎた。
衣食住に必死なときは、それ以外の邪念、妄想どころではなかったんだ。
こういうの考えてると、「人の命は地球よりも重い」なんてのはスカスカの言葉に思える。

世界で1日約15万人の人が死んでいく。
飢餓が原因となって死んでいく人は毎年2000万人。
また、「飢えと貧困によって、世界では毎日2万5000人の人々。5秒に1人の子どもが飢えに関連する病気で命を落としています。」の記述もある。
要するに、日常茶飯事。地球は「死」と「生」に溢れている。そうでなければ、人間だらけ。

日本でも、年間約3万の人が自殺してる。一日約82人。ほとんどがニュースには扱われない。
ひっそりと死んでいく。中には他の人から見ればまったく小さな理由で死ななければならない人もいる。
もっと真剣に考えなきゃならないんだろうね。

「何が言いたいの」
「いや、別に……ただ……神様は忙しすぎる……ゴメンナサイ」
そしてすぐに、さらに恐怖の時代がやって来る。
団塊の世代が認知症世代に入る時、日本崩壊の時だ。
700万人だ。2人で世話するとして……。わっ。

研究者と研究資金、湯水のように投入して、予防薬、予防方法を確立すべきなんだろうね。
治療薬ができればノーベル賞100個。
治験なんて言ってないでドンドン実験する。生体実験大賛成。ボクも手を上げる。足だって。
後遺症や副作用なんて恐れるに足らず。

認知症に比べれば、放射能、エボラウイルス、科学的なことをしっかり押さえていれば、恐れるに足らず。なんて言うと、袋叩きだね。
さて、ボクの初めての純文学、『浮遊』の原稿を送った。これが最終になればいいんだけど。
「生」と「死」を扱ったモノ。コワイぞ—。でもないか。

2月の予定を見て、愕然。
アップ、アップ。ボク自身が片足棺桶に足を突っ込んでる。いや、両足になりそう。
来週は半ばから東京。チョット長い。
来月はまた福島第一だ。今度はもっと調べて行かなきゃ。今年中に1冊仕上げる。9月からの連載、まとまればうれしい。

今月から『琉球コンフィデンシャル』のブログ連載が始まる。
今月中に『世界は原発を目指す』(仮)の原稿を仕上げなければならない。
『富士山噴火』のブラッシュアップも。削る作業が大部分だけど。これは正直シンドイ。
全部、思い入れのあるシーンだ。我が子の間引きに当たる。あーあ。

噴火が早いか、出版が早いか。御嶽山の状況なんて全部書いてある。
とにかく、目先の、自己責任にアップアップ。
神様、仏様は、絶対に助けてはくれないぞ。
でも、チョットだけ誰か助けてと叫びたい。

でもこれだけは言える。
日本でなきゃ、亡くなってる命は山ほどある。
何やかや言っても、日本はイイ国なんだ。少しの不満は我慢します。
親の世話を始めて、つくづく思うよ。
あっ、来週、14日は兵庫県立図書館で講演。
お近くの方も、遠くの方も、ぜひおいで下さい。みんなで楽しく騒ぎ……じゃなくて、勉強しましょう。
詳細は、以下で。

http://www.library.pref.hyogo.lg.jp/event/event2014/tenjikanren201408.html

今年初の近況報告

年末から1週間の岡山暮らし。なんとなく頭がふやけてます。
パソコンがあれば、どこででも仕事は出来るでしょ。と言われるが、たしかに出来る。差し迫った仕事はやってしまう。
でもでも、やはり心の準備、効率ってものがある。3人分の食事や洗濯、さらに精神的苦痛(ゴメン)、その他もろもろをやりながらはキツイ。
主婦というのは、かなりな精神的、肉体的な仕事だと思う。世の男性はもっと、もっと自覚すべきなのでしょう。
でも、世の中には、仕事、家事、子育てと、一人で複数の仕事をこなしている男女もいるのです。
ほんと、頭が下がります。もっともっと、様々な公的優遇を計るべきでしょう。

年の終わり、新しい年の始まり。感傷に浸ることはない。連続の中の一瞬。一歩、棺桶に近づいただけ。と言いつつ、去年を振り返ると、ドタバタ走り回っていただけ。出版は1冊。あーあ。
まあ、「人の死に時」を考えさせられる一年でした。
言葉はきついけど、まぎれなき真実。人として向き合わなければならない現実だ。ボクだって、そんなに遠くはない。あと、60年ほどだ。あーあ。

というわけで、あと2日で『浮遊』を仕上げなければならない。これは「生と死」を見つめる純文学。
「おまえには似合わない」「ピンポン」。でも、書きたい。かなりグレイドアップは出来たと思うけど、完成までは……。

 さあ、2015年は、
◎『富士山噴火』去年9月に新聞連載終了。どうなってるんだろ。
◎『浮遊』初の純文学。あと一息。
◎『日本核武装』新聞連載で半分終了。後半は書き下ろし。
◎『それでも世界は原発を目指す』4月刊が決定。

最初の3つは小説、最後は新書。
すべて出版社は決まってるし、出来あがってる原稿もある。
来月から始まる、ブログ連載の『琉球コンフィデンシャル』も半年後には終わる。
教育本も、ずっと出したい出したいと言い続けてて未だならず。『日本の教育システムを変える』。
去年12月には、『英語ショック』(森貞孝、幻冬舎)をプロデュースした。
英語の必要性と2020年から本格始動する小学校英語についての本です。アマゾンで買えるので、ゼヒ。

http://www.amazon.co.jp/dp/4344026942

3月に、再度、福島第一、第二原発を見ることができる。
これも何とかまとめたい。きっと福島の原発事故に対する新しい見方ができる。

さて、17日は阪神・淡路大震災から20年目。ほんと、早いなあ。
今週、5日には新聞社、7日には東京で国交省のインタビューを受けるけど、言いたいことは色々とね。国交省のメインは、「首都移転」関係。東日本大震災関係もね。で
も、話すこと、そのまま載せてはくれないだろうね。
東日本大震災の復興の遅れは、無知で勉強不足の政治家と、物事を知らない知識人のせいだと思っている。知事さんたちのアホらしい野望もね。
危機時は指導者と取り巻きの能力によって、その結果が月とすっぽんの違いが出てくる。国家の場合、多くの人の生き死にに関係する。
ゴメンじゃ済まない職業なんだ、政治家は。そして有識者と称する人の思いつきも。
さあ、明日から本格始動。エンジンをかけなきゃ。そのためには、今日はノンビリして、早く寝て……。

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。